執筆・ライティング実績

当社は、ライティング・代筆の実績については、すべて非公開とさせていただいております。以下は、当社代表が個人として取材・執筆した文章です。

ライティング代行・代筆サービス

ペン

当社は、国内最高級のライティング会社です。創業以来、高品質なライティング・代筆サービスを提供してまいりました。貴社のウェブサイトの価値を高めるために、魅力あふれるオリジナル文章を執筆し、集客力や収益性のアップに貢献いたします。どんなジャンルにも対応いたします。




当社のライティングの特徴

経験豊富なプロのライターが執筆

当社のライターは、主要な雑誌や新聞の一線で活躍してきた一流のプロばかりです。プロにしか書けない最高のクオリティの文章を納品いたします。

分かりやすい文章

当社がご提供する文章は、内容が濃く、かつ、分かりやすい文章です。難しい専門的なテーマでも、スラスラ理解できるような文章に仕上げます。

あらゆるテーマに対応

当社のライティング・代筆サービスは、あらゆるテーマに対応しています。「美容・健康」から「ビジネス・経営」「技術・インターネット」まで、ジャンルを問いません。テーマに応じて、最適なライターを割り当てます。日本語の質だけでなく、内容面でも充実しているのが、当社のライティングの特徴です。

SEOに強い文章

当社で提供する文章をサイトに掲載していただければ、検索エンジンからの評価が高まり、検索順位がアップしやすくなります。当社はライティング会社であると同時に、SEO会社です。そのノウハウを生かし、SEO対策としても極めて高い効果のある文章に仕上げます。Googleが嫌う文法上の誤りや不自然な文章展開なども徹底的に排除します。

高い独自性

当社は、独自性の高い「オリジナル・ライティング」に徹底的にこだわります。文章の独自性が高いほど、お客様からも、検索エンジンからも高く評価され、サイトの収益性が高まるからです。文章はすべて、社内で直接雇用しているライターが責任を持って執筆します。外注は一切しません。もちろん、ネットなどからコピーした文章は一切使いません。


↑ページの一番上に戻る

料金表(文章代筆・ライティング)

項目 単位 料金
WEBサイト用の原稿 1文字あたり 8円(税込)~
ブログ記事の代筆 1文字あたり 6円(税込)~
SEO対策用の原稿 1文字あたり 応相談
論文の原稿代筆 1字あたり 8円(税込)~
文章リライト 1文字あたり 5円(税込)~
メルマガ代筆 1文字あたり 8円(税込)~
書籍執筆料 1冊(約200ページ) 80万円(税込) ~
プレスリリースの原稿代筆 1部 1万2000円(税込)~

※費用は前払いとなります。
※文章のテーマによって、料金は大きく変わります。
※詳しくは、見積もりにて提示させていただきます。
※ご注文1回あたりの最低受注金額は、3万円です。
※取材費は、交通費を実費請求させていただきます。

代筆料金規定

上記代筆料金は目安です。原稿内容により変動します。料金表に記されていないタイプの案件については、お問い合わせ下さい。

お問い合わせ
↑ページの一番上に戻る

今、ライティングの時代です

高品質なライティングで「儲かる」サイトに

文章で誘導する

インターネット時代のビジネスの勝敗を分けるのは、「文章」です。ネット上には無数の情報があふれています。その中から、貴社のサイトを選んでもらうには、魅力のある文章が欠かせません。稚拙(ちせつ)な文章のサイトは、いくらアクセスがあっても、あっという間に読み飛ばされておしまいです。

買う人が増える!

ウェブサイトの文章を充実させると、商品を購入してくれる人が驚くほど増えます。優れた文章によって、貴社の商品やサービスがいかに魅力的であるかを説明できれば、へたな営業マンを何十人雇うよりも大きな効果を発揮します。当社はこれまで、文章によってネットビジネスを急成長させるクライアント様を何社も見てきました。


↑ページの一番上に戻る

検索順位は「文章」で決まる

ネット時代において、消費者はGoogleやYahooなどの検索エンジンを通じてサイトを訪れ、商品やサービスを購入します。検索エンジンが検索順位を決める際、最も重視しているのが、文章です。優れたオリジナル文章のあるサイトは、検索順位が高くなります。いくら美しい画像がたくさん並べられていても、検索エンジンからは評価されません。文章の充実は、最高のSEO対策なのです。

seo

米国では、WEBといえば文章

英語版のグーグル(Google.com)で人気キーワードを検索してみると、文章の質が高いWEBサイトが上位を占めています。画像ばかりのサイトは、上位にはほとんど見当たりません。インターネットの先進地であるアメリカでは、テキスト(文章)の重要性が強く認識されており、サイト制作においてライティングが最も重視されています。

日本も文章重視の時代に

日本では2010年12月にヤフーが独自の検索エンジンを捨て去り、Googleの検索エンジンを採用するようになりました。この結果、日本ではGoogleが100%近いシェアを占めるようになりました。その結果、日本でも文章を重視したWEBサイトが主流になってきています。

↑ページの一番上に戻る

ライティングは「最強のSEO」

リンクよりも文章

これまでSEOといえば、外部リンク(被リンク)を設置することが重視されてきました。しかし、文章の質が低いサイトに対して、いくら多くの外部リンクを貼っても、効果はありません。検索順位を上げるためには、文章の量を増やす必要があります。

文章の「質」が大事

グーグルは最近、検索順位を決めるにあたって、文章の質を重視しています。リンク元もリンク先も、ともに質の高い文章でなくては、リンクが評価されません。また、リンク元とリンク先のサイトの文章に関連性が高くなくては、価値のないリンクであると見なされます。


お問い合わせ
↑ページの一番上に戻る

オリジナル・ライティング

パズル

「パクリ文章」は論外

他のWEBサイトからコピーして貼り付けただけのコピペ文章は、検索エンジンから「スパム」とみなされて、検索順位の悪化につながります。Googleにとって、どの文章がオリジナルで、どの文章がコピーかを峻別するのは極めて簡単なことです。「コピー文章」「パクリ文章」に対するペナルティは、一層厳しくなっていくのは確実です。

自動生成ソフトは「自滅への道」

文章の自動生成ソフトやリライトソフト、翻訳ソフトは、SEOの役に立ちません。その理由は、日本語としての質があまりに低いからです。質の低い文章を大量にのせるのは、スパム行為としてGoogleから除外される恐れもあります。


問い合わせ

↑ページの一番上に戻る