当社おすすめの英語教材

Katharine Graham著
「Personal history」 
米紙ワシントン・ポストのオーナー社長の自伝。1997年刊。ピューリッツァー賞(伝記・自伝部門)を受賞しました。20世紀が生んだ最高の自伝の一つと評価されています。英語の表現力を磨きたい人にオススメです。ニクソン大統領を辞任に追い込んだ「ウォーターゲート事件」のスクープの内幕も描かれています。
Fernando Henrique Cardoso著
「The Accidental President of Brazil」
ブラジルのカルドーゾ元大統領の自伝です。政治家が書いた本としては、歴史に残る名作です。カルドーゾ元大統領の母国語はポルトガル語ですが、米国人ジャーナリストとの共著となっているため、英語の質が極めて高いです。政治や経済など難しいテーマについて英語でやさしく伝えるコツが分かります。
米テレビドラマ
「Six Feet Under」
カリフォルニアで葬儀屋さんを経営する家族を描いたドラマです。日常生活や身近な人間関係がテーマとなっているので、ふだん使う英会話を学ぶのに最適です。他のアメリカドラマのように騒がしくないので、落ち着いて英語を学べます。
映画「サイドウェイ」
2004年制作の名作コメディ映画。ギャグの奥が深いので、アメリカンジョークを学べます。脚本の完成度が高く、名セリフも満載。フレーズや文章を丸ごと覚えるのにピッタリです。日本語字幕に頼って鑑賞すると、面白さは半減します。

英語サイト制作

英語サイトの制作は、当社にお任せ下さい。ネイティブの英文ライターが文章を執筆し、海外仕様にデザインします。世界中の顧客を魅了する本格的なサイトをつくります。

当社の英語サイト制作の特徴

(1)高品質な英語

当社では、米国の広告代理店やマスメディアで、プロのライターとして活躍した経験のあるネイティブのアメリカ人が英文を執筆します。一般的なネイティブよりもはるかに質の高い英文をつくります。魅力的な英文ライティングにより、英語圏の人たちに強くアピールします。

(2)分かりやすく伝える

当社は、難関な日本語のサイトを、英語で分かりやすく伝えます。専門的な内容を正しく理解したうえで、正確かつ簡潔な英文で表現するノウハウが当社にはあります。医療、法律、金融などの専門スタッフを抱えており、あらゆる分野に対応しています。

(3)「かっこいい英語」

日本人が英語を書くと、たいていは不自然な直訳英語になってしまいます。ネイティブの人から見ると、たいへん滑稽な内容になります。当社はネイティブだけが英作文に携わります。ネイティブをうならせるような「かっこいい英語」で商品の魅力をアピールします。英語のキャッチコピー作成もお任せください。

(4)優れた操作性

英語サイトで重要になるのは文章だけではありません。サイトの操作性や誘導も極めて重要です。当社では、海外のクライアントを注文や問合せへとスムーズに誘導するサイトをつくります。

(5)利益を生む英語サイト

当社では、収益を生む英語サイトの制作を提案しています。単に日本語を英語にするだけでなく、目に見える形で売上高や利益の増加につながるサイトです。海外でのビジネスに精通した担当プロデューサーが、「注文がとれる英語サイト」のノウハウをお客様に伝授いたします。

問い合わせ

↑ページの一番上に戻る

英語サイトをつくろう!

海外の消費者を取り込む

これまで、日本企業の英語サイトは、日本語のホームページの一部だけを英訳したものが大半でした。しかし、それでは、会社の存在は知ってもらえても、商品やサービスの購入にまで結びつけるのは困難です。

英語サイトは、あくまで独立した存在であるべきです。商品の中身や会社のことをしっかりと英語で伝えられるサイトでなければ、海外の人たちを顧客として取り込むことはできません。「独立した英語サイト」をつくって、売上高の大幅アップへとつなげることができます。

日本経済の没落に備える

日本経済は、今後も衰退を続けることは間違いありません。一方で、世界市場は今後も成長を続けていきます。国内市場だけに依存していては、会社も消えていきます。つまり、英語サイトをつくることは、会社が生き残るうえで必須の行為といえます。

問い合わせ

↑ページの一番上に戻る

海外SEO

当社では、アメリカ、ヨーロッパ、アジアに数千個のサイトを保有しています。当社は、これらのサイトを活用して、日本企業の英語のホームページを海外の検索サイトで上位表示させる力を持っています。



問い合わせ

↑ページの一番上に戻る

英語サイトは、当社の創業の原点

英語サイトの制作は、当社の創業の原点となった事業です。当社代表は、日本の新聞社のニューヨーク特派員を務めていた時代、アメリカへの進出を目指す日本の事業家へのアドバイスやサポートをしていました。これをビジネスとしては発展させたのが、現在の横浜ウェブクリエイトです。

問い合わせ

↑ページの一番上に戻る

英語サイト制作の料金

ご要望のサービスにより料金は様々です。下記の価格は参考料金になります。

英語ホームページ制作料金表

企画・コンサルティング費 3万円~(WEBサイト一件あたり)
トップページ 5万円~(1ページあたり)
カテゴリTOPページ 2万円~(1ページあたり)
トップ以外のページ 1万円~(1ページあたり)
問い合わせフォーム
1万5000円~(1セットあたり)
翻訳(日本語→英語) 日本語1文字あたり30円

その他のオプション

Flash制作費
4万円~(1ページあたり)
問い合わせ

↑ページの一番上に戻る

英語の翻訳の料金

分野 標準料金
英語→日本語
(英文1wordあたり)
日本語→英語
(日本語1字あたり)
一般文書 5円~/word 19円~/文字
ビジネス 7円~/word 24円~/文字
コンピュータ・IT関連 7円~/word 24円~/文字
金融・証券関連 7円~/word 25円~/文字
法律・契約・特許関連 8円~/word 29円~/文字
医療・薬品関連 8円~/word 28円~/文字
機械・産業技術関連 9円~/word 29円~/文字
土木・建築関連 9円~/word 29円~/文字
その他人文・社会科学系 7円~/word 26円~/文字
自然科学系 9円~/word 29円~/文字

翻訳のボリュームや継続性によって、上記価格よりお値引きをさせていただいております。

一回のご注文の最低額は1万5000円となります。

問い合わせ

↑ページの一番上に戻る